腎不全による人工透析|がん治療に関する様々な医療技術

腎不全と人工透析

聴診器

人体を構築する臓器の一つとして、腎臓と呼ばれるものが存在します。腎臓は体内に二つ存在し、その役割は血中の老廃物のろ過を目的としています。ろ過された老廃物は尿となり、体外へ排出されるのです。つまりは、人間が尿を排泄するための下処理を行う臓器といってもいいでしょう。しかし、腎臓の働きというのは尿を作りだすだけではありません。その働きには血圧の調整や赤血球の生産、ビタミンD3の活性化等の機能も含まれているのです。腎臓は人体にとって必要な器官ですが、病気や事故によってその機能が正常に働かなくなることがあります。そういった状態のことを腎不全と呼び、その機能低下が急激なものであれば急性腎不全と呼ばれます。また、急性腎不全とは逆にゆっくりと機能が低下していく腎不全のことを慢性腎不全と呼ぶのです。どちらの腎不全においても、その症状が重症であれば人工透析による治療を行う必要があるでしょう。
人工透析というのは、機能しなくなった腎臓の代わりに人工的な血液ろ過を行う治療法です。こういった人工透析には、オンラインHDF療法や血液透析療法といったものが存在します。オンラインHDF療法と呼ばれる人工透析というのは、血中の老廃物をより多く除去することが可能な人工透析です。血液透析療法に関しては、体内の血液を体外へ取り出し、血液中の老廃物及び余分な水分を体外で取り除いてから体内へ戻すといった治療法です。この人工透析を受けるためには、外科手術が必要となります。

治療方法を知ろう

病院内

新しいがんの治療方法として樹状細胞療法があります。この方法であれば、採取した血液を活性化させたものを2週間ごとに6回投与する方法なので、体への負担が少ないでしょう。現在のところ保険適応の治療ではないため治療費がかかります。

More Detail

腎臓病と日常生活

聴診器

透析治療を受けている間は、シャントの管理に気を付けることが大切です。感染症などを起こさないように、注意を払います。世田谷区のクリニックの場合、院内の感染対策はほぼ万全です。日常生活の中での対策は、患者自身に求められてきます。

More Detail

長い間の治療が必要

待合室

潰瘍性大腸炎は特定疾患にも指定されている、慢性の大腸の病気で自己免疫が原因で発症してくるものと言われています。治療は薬物療法が中心になりますが血液中の白血球を少なくする、白血球除去療法も病院で行われています。

More Detail

Copyright © 2016 腎不全による人工透析|がん治療に関する様々な医療技術 All Rights Reserved.